webカメラ

固定IPアドレス活用事例

このページでは固定IPアドレスを利用した活用事例をご紹介します。

  1. 1.外出先から自宅あるいは自社のパソコンに接続できます。

    例えば、外出先で自宅のパソコンに保管してあるファイルが必要になった場合、外出先のパソコンや、スマートフォンなどから自宅のパソコンにリモートアクセスして、ファイルの閲覧などが行えます。

  2. 2.自宅に設置したサーバーで、ホームページをインターネットに公開できます。

    通常、自分のホームページを持ちたいと考えた場合、一般的にはホスティングサービス(レンタルサーバー)を利用することが多いかと思います。しかし固定IPがあれば、自宅にサーバーを構築して、そこに独自ドメインでWEBサイトを置くことで、インターネットに公開できます。

  3. 3.WEBカメラで留守中の自宅を監視したり、ペットの様子を確認したりすることができます。

    現在ではWEBカメラも手頃な金額で購入できるようになっています。これを自宅のパソコンなどの接続し、固定IPを利用することで外部からアクセスして配信された動画をリアルタイムで試聴することができます。

  4. 4.VPNサーバーを構築できます。

    VPN(仮想プライベートネットワーク)と組み合わせることにより、外出先からでも、自宅内LANあるいは社内LANの中にいる時と同じように、ネットワークを使用することができます。VPNにはいくつかの種類があり、現在はNTTフレッツ光の高速インターネット回線を利用するインターネットVPNが主流となっています。